梅田店 秋のイベント情報 Vol.2

 | CATEGORY:  全て

 02

November.

2017.

皆様こんにちは。

いつもブログをご覧頂き有難う御座います。

G.B.Gafas OSAKA umeda 阿南です。

朝晩めっきり寒くなり天気が良いと気持ちのいい陽気になる11月、皆様は秋のイベントや行事などご予定はお決まりですか?

私はと言いますと毎年のようにこの時期はブログに書かせて頂いています。

逆に申しますと書かずにはいられません(笑)

10月半ばにIOFTに行ってまいりました!

国内外の様々なブランドが新作の眼鏡を発表する国内最大級の展示会です。

 

 

※遊んでいるように見えます?いやいや真剣です。

 

今年は梅田店STAFFの松本と日程を調整し2人で厳選した買い付けとなりました。

きっと皆様も満足して頂けると思いますので期待していて下さい。

新作は今月から入荷していますので近くにお越しに来られた際は是非お立ち寄り下さいね。

 

instagramでは最速の新作情報をお届けしていますので気になる方は

@g.b.gafas_osakaumeda フォローお願い致します!

 

そして前回から紹介しています梅田店、秋のイベントづくしは第3弾開催中です!

 

 

以前より当店でご紹介しているこの両ブランドをご存じの方も沢山いらっしゃると思います。

 

まずは「CLAYTON FRANKLIN」

 

梅田店では何度かCLAYTON FRANKLINのイベントを開催しておりまして毎回ご好評を頂いています。まだまだ知らないお客様へ簡単にご説明しますと、

ヨーロッパやアメリカをメインターゲットにしたコレクションの展開を行う数少ない

ドメスティックブランドです。

「古い物が時代を経て新しいモノへと変わる」をコンセプトとし、クラシックな装いながらも常に新しいエッセンスを提案しています。

使用する素材からデザインやディテールからは新しい手法や機能の凝らしが随所に見られます。

 

 

CF619-GSH ¥32,000- +TAX

 

 

初見はレトロな印象ですが、丸みがあって優しいイメージです。

カラーバリエーションも豊富で金属部分には細かな彫金もほどよいアクセントになっています。

 

 

 

CF763-RDS ¥29,000- +TAX

 

 

レンズの縦幅は狭く横幅は広いデザインのウェリントンタイプ

フロントのブリッジ(中央部分)は少し下げるようデザインされている為、眉のラインに沿いやすく顔馴染みの良いモデルです。ON/OFF兼用でお考えの方にオススメです。

 

今秋のファッションに物足りなさを感じているのであればアイウェアを変えてみるのもいいかもしれませんよ。

純国産ブランドゆえ美観、掛け心地、クオリティー申し分なしのジャパンブランドの確かな実力をお確かめ下さい。

 

 

続きまして「propo」の紹介です。

 

今回梅田店では初のイベントになります。

「アイウェアのデザインとは装着されて始めて完成する物」と定義しシルエットを重視した新しいアイウェアをリリースし続けています。

シンプルでありながら掛けている人にポジティブな印象を与えてくれる、そんな彼らの提案する眼鏡はデザインされていながらも日常にすんなり溶け込むリアルなモノ。

 

「いきすぎないデザイン」をコンセプトにしています。

 

 

 

SOPHIE-516 ¥28,000- +TAX

 

 

ボストン型を改良した形でクラウンパントと呼ばれています。

特徴はフレームの上の部分を真っ直ぐにカットされたデザインです。レトロで重たさを

感じてしまう形ですが他のブランドでは見られない良い雰囲気があります。

デザインの強さを感じさせない理由は、フレーム外側は直線的ですがレンズ内側は角が

なく丸みだけで見た目以上に掛けやすいモデルです。

こういうほんの少しの気遣いが女性に好まれるポイントではないかなと思います。

 

 

 

KATE-1 ¥33,000- +TAX

 

 

レディース仕様のサーモントタイプを探していたお客様は多いハズ。

無骨なイメージで男性的な要素が強く、フレームのフロント部分から眉のように見える所

からキレのあるシャープな印象を与えます。

このモデルはカラーバリエーションも豊富なので是非一度サーモント眼鏡を店頭にてトライしてみて下さい。

あえて黒とゴールドを合わせる事で上質で高級感が漂う大人な雰囲気を演出しています。

 

2015年のコレクションからレディースブランドとして変わるべくブランド名を「PROPO DESIGN」から「propo」へと変更しました。

ヨーロッパの展示会にも出店するほどの感性を持った2人の新世代デザイナーは今後も注目です。

 

「欲しい眼鏡が見つからない」と、現在お悩み中のお客様にピッタリなイベントです。

 

皆様のワードローブの中に持っておきたいお気に入りの一本を探してみませんか?

それぞれのブランドが持つ本来の「良さ」をきっと感じて頂けると思います。

 

 

 

(G.B.Gafas OSAKA umeda店長 阿南)

 

最新情報はこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

G.B.Gafas Facebook 

instagram

G.B.Gafas SHIBUYA

G.B.Gafas KYOTO

G.B.Gafas OSAKA umeda

G.B.Gafas OSAKA horie