TOP > ブログ > ハバナ

ブログ

ハバナ

こんにちは、デコラ東京の岡部です。

先日行われました“spec espace tour 2012” へお越しいただきました皆様、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。おかげ様で実り多きフェアーとなりました。近年のスポーツテイストカテゴリーを象徴するブランドとして、スペックエスパスがかなり浸透してきたと実感したイベントでした。丸の内でも人気スタイルの一つとしてお客様にはご好評いただいています。これからも目が離せないブランドですね。

さて、スペックエスパスとデビュー年度を同じくして国内だけでなく、ヨーロッパ圏でも着々とファンの心をわしづかみにするブランドがあります。「YELLOWS PLUS (イエローズプラス)」です。昨今のトラッドムーブメントにおいて欠かすことのできない国内ブランドの一つではないでしょうか。

時代に合わせたトラッド感はデザインに落とし込みつつサイズ感、線の強弱などは明らかに「世界標準」を意識したものです。また、近年のイエローズプラスのカラー展開は非常にユニークです。黒、茶、グレーなどの定番トラッドカラーに卒なく収めるのではなく、パープルやブルー系の生地を使用したモダンな「上品トラッド」スタイルを提案しています。

その中でも最近妙に気になるのは「ハバナ柄」。

「それ定番カラー!」と思われる方も多いかと思いますが、国産ブランドでハバナ柄を多くのモデルに盛り込んでくるブランドって意外と少ないんです。

当然のことながらカラーのネーミングはブランドによって異なります。イエローズプラスでは「ハバナ」と呼びますが、イギリスのオリバーゴールドスミスなどはこの手のカラーを「レオパルド」と呼んだりもします。実際にはもう少しニュアンスの異なる柄ですが濃淡のギャップは非常に近いですね。あくまでも私の感覚的な解釈ですが、比較的濃淡のギャップが小さい柄は「べっ甲」や「トートイズ」と表現され、ギャップの大きい柄は比較的「ハバナ」と呼ばれているように感じます。

20120606-LAN.jpg20120606-CHRIS.jpg

上左)LAN ¥24,150                             右)CHRIS ¥24,150

上品トラッド」です。カラーバリエーションとしては定番の黒や茶もありますが、フロント色に変化を付けることによりハバナが際立ちます。

20120606-DAVID.jpg

DAVID ¥28,350

同系色のテンプルも金手にすることによって野暮ったさが和らぎます。写真では分かりにくいですが、ハバナとのトーンバランスが絶妙です。

 

最後は「ササ柄」です。ハバナで統一しようと思っていたのですが、このカラーは紹介しない訳にはいきません。

20120606-PAUL.jpg

PAUL ¥28,350

この色にはグッときました。「ネイビーのササ柄」です。青味のあるカラーを敬遠される方は多いのですが、イエローズプラスのネイビーは深めですのでビジネスでのご利用もOKな方も多いのではないでしょうか。「オトナの青」です。

何かと「トラッド」が注目される今、定番づくしも良いですが、周りの方とひと味違う「こなれた感」にトライしてみてはいかがでしょう?

(decora TOKYO店長 岡部)

日時: 2012年6月 6日 17:20
  • BACK
  • NEXT

トラックバック

トラックバックURL: http://www.glasses-co.jp/mt5/mt-tb.cgi/163

コメントを投稿

本サイトでは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になります。
承認されるまではコメントは表示されません。承認までしばらくお待ちください。





CATEGORY
RECENT ENTRY
ARCHIVE
ページトップへ戻る