TOP > ブログ > そろそろ準備しましょう

ブログ

そろそろ準備しましょう

こんにちは。デコラ東京の岡部です。
ようやく猛暑も落ち着き秋めいてきました。朝夕は肌寒さも感じるようになってきましたね。

本日は主に30代後半~40代前半の皆様に当てはまるお話かと思います。当店をご利用頂くビジネスマンやOL様方をカウンセリングさせていただくと、長時間のデスクワークを行う方が実に多いのです。
「何年か前に買ったメガネなんだけど遠くが見づらくなってきちゃって。」
からカウンセリングがスタートし、話が進むにつれ「一日の大半はデスクなんですよ。」とのお話を頂くことがしばしば。ここで注意が必要です。

※リラックスした状態で遠くが良く見える眼鏡を用いて近距離の作業を行うと集中が必要になりますので非常に目が疲れ易くなります。その逆(デスクワーク用の眼鏡で遠くを眺める)もしかりです。遠用の度数とデスクワーク用の度数は異なります。

プログレッシブ(累進)レンズを使用するにはまだ早い(かな?と思われている)方々は“ サポートタイプ ”のレンズを使用されてみてはいかがでしょう。

 relaxsee rogo.jpg

relaxsee architect.jpg

図のような構造になっていてオフィスの壁掛け時計はもちろん、デスク上の書類もストレス無く見ることができます。

O10-300.jpg

普段私が実際に使用していますリラクシーです。

私は弱度の近視なものですからお分かりいただきにくいかもしれませんが、レンズ上方と下方では下のマスが少し大きく見えるかと思います。

ビジネスシーンを例に挙げて書いてみましたがこれだけに当てはまるものではありません。プライベートでも快適にご利用いただけます。例えば、皆様が持っている携帯電話。最新機種に変更してウキウキなところに箱を開けると分厚い説明書が…。面倒くさいなと思いながらも目を通さなければいけません。その中で、大きなタイトル文字

「付属品をご確認ください。」

これは楽勝で読めたとしても小さな注意書き、例えば待ち受け画面の各種アイコンの説明書きによくある

「マナーモード」、「バッテリー残量」、「着信履歴」

などは少し集中しないと読みづらい方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に細かく詰まった文字は集中が必要です。メールの文字を読むときも同様、ふとメールの文章に目をやるとピントが合うのに時間がかかってしまう。最近こんなことはありませんか?

皆さん必ず年齢を重ねるごとに手元用の眼鏡が必要になってきます。特に今回書いたブログで心当たりの方は数年も経てば必要になることでしょう。ポジティブにサポートタイプのレンズを取り入れておけば今後プログレッシブレンズ装用への移行もスムーズに行えるというものです。皆様もそろそろ準備されてみてはいかがでしょうか。

<decora TOKYO 店長 岡部>

日時: 2010年9月28日 16:27
  • BACK
  • NEXT

トラックバック

トラックバックURL: http://www.glasses-co.jp/mt5/mt-tb.cgi/63

コメントを投稿

本サイトでは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になります。
承認されるまではコメントは表示されません。承認までしばらくお待ちください。





CATEGORY
RECENT ENTRY
ARCHIVE
ページトップへ戻る