TOP > ブログ > 2011 IOFT ~がんばれニッポン~

ブログ

2011 IOFT ~がんばれニッポン~

こんにちは。デコラ東京の岡部です。

日本でもホットな季節がやってきました。ん?なに言ってんの?と思わないでください。私達メガネに携わる者にとってはホットな季節なのです。先日、国内最大級のメガネ展示会「IOFT」に行ってきました。3日間行われる展示会には数多くのブランドが出展し、私達は買い付けを行います。全体を通しての今年の感想としては「成熟しつつある完成度に裏付けされる変わらないことの良さを実感」です。

少し気になったのは昨今の景気や天災の影響もあってか昨年と比べると若干余裕のあるブース展開となっていました。訪れる方の数も減っていたように思います。

嬉しく思うこともあります。昨年のIOFT以降誕生した国内ニューブランドもブースを構えていて、シンプルなブース構成ながらも「オレ達を知ってくれ!」オーラがムンムン。この辺りはブースを思い切り自己表現の場として活用するブランドが集う海外の展示会とは異なり、現場に張り詰める空気や表現の手法の違いはあれど意気込みは同じ。作り手も買い手も真剣勝負なのです。私的にこういったムンムンは結構好きです。

海外のブランドがファッションブランドとコラボして新しいコレクションを発表する例(対業界外コラボ)をよく見かけますが、国内ブランドの現状はショップとのコラボはあるものの外に対してはまだ弱いですね。国内ではこういったことは難しいかもしれませんがこれがもっと増えてくると国内ブランドにも今以上に素晴らしいファッションとのリンクは可能なはずです。ぜひ国内ブランドの皆様にも頑張っていただきたい。特に今後の国内アイウェア業界を担ってゆく若い世代のデザイナーの皆さんには頑張っていただき「こんなこともできるんだ!」と私達に電気ショックを与えるパイオニアになっていただきたいと思います。

今年の国内ブランドブースの様子です。

<999.9>

9999.jpg

フォーナインズは毎年新作テーマに合わせてブースのメインカラーを変えます。今年はブルーです。

さすがは国内屈指のブランド、ブースはいつも満員です。今年は時間になると「キ~ンコ~ン カ~ン コ~ン♪」とチャイムが鳴って学校の授業のような風景になってました。ブースの外からでも楽しい雰囲気が伝わります。

 

<JAPONISM>

japo.jpg

JAPONISMやBCPCなどでおなじみのボストンクラブ。ここで全ブランドの新作を拝見できます。今年の目玉は「ラダーヒンジ」と呼ばれる新機構を採用した新作です。パーツの一部にはスペースシャトルにも使用されていた樹脂を採用しているんだとか。いつもユニークな素材に着目するのもファンを飽きさせないポイントですね。

 

<spec espace>

espace.jpg

デザイナー山岸誉さん姿も。ブースでは自らオーダーも受けます。

メタルはエスパス王道の立体フレーム。右2つのモデルはセルはトラッド感を持たせたものや定番のシェイプにエスパスらしい生地色を使用しています。新しい形状のヒンジを採用したモデルも◎。

 

 <Factory 900>

900.jpg

いつもの事ながらやりたいことやっています(笑)。業界屈指のポジティブな姿勢が気持ちイイです。フレームを見ながら以前デザイナーの青山さんとお会いした際に「まだまだやり尽くし切れていない」とおっしゃられていたのを思い出していました。プラスティックフレーム製造の限界に挑戦するテクニカルな技法が生むシルエットは少々マニアックに見えるかも知れませんがこういったブランドが有るからこそ他ブランドの個性も際立つというものです。貴重な存在ですね。

 

展示会期間中は会場だけではなく、都内の各所で展示会が行われています。個展を開くことのメリットは会場の雰囲気に左右されること無くブランドの世界観を余すことなく表現できる所にあります。私は会場を後にしてイエローズプラスの個展が行われているアトリエに足を運びました。

<YELLOWS PLUS>

yellows.jpg

小さなアトリエなのですが日本らしからぬ佇まいで中にはウッディなスペースが広がり暖かみを感じます。ヨーロッパも視野に入れたデザインは今回の新作も上品に仕上がっていました。いくつかの新作モデルはすでに入荷が始まっています

 

今回の展示会では一から全く新しいものを創造するのではなく現在持っているものをブラッシュアップさせてゆくプロセスは感じることはできたと思います。これは今後のアイウェアデザイン進化への期待値をアップさせます。デザインは王道でありながらも新機構を盛り込んだフレームを開発するブランドもあれば毎年思い切ったデザインで思わず笑ってしまう(笑っちゃダメですけど)我が道を突き進むブランドなどなど。大切なのはこのプロセスでありこれ無くしての新しい創造は難しいかと思います。立ち止まることなくそれぞれのブランドが互いに刺激し合い、進むべき道を模索しながらも確実に前には進んでいるのです。そしてこのプロセスがいつか“パッ”と花開く瞬間を心待ちにしていることも楽しかったりします。この期待感を忘れることなく来年のこの季節を心待ちにしたいと思います。

(decora TOKYO店長 岡部)

日時: 2011年10月24日 14:10
  • BACK
  • NEXT

トラックバック

トラックバックURL: http://www.glasses-co.jp/mt5/mt-tb.cgi/128

コメントを投稿

本サイトでは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になります。
承認されるまではコメントは表示されません。承認までしばらくお待ちください。





CATEGORY
RECENT ENTRY
ARCHIVE
ページトップへ戻る