decora

DITA & THOM BROWN. AMERICAN LUXURY EYEWEAR EXHIBITION

 | CATEGORY:  BLOG

 25

July.

2018.

こんにちは。漆畑です。

 

さて、本日はイベントのご案内です。

 

 

 

 

2018072501

DITA & THOM BROWN.

AMERICAN LUXURY EYEWEAR EXHIBITION

8/3(fri) – 8/12(sun)

 

 

ラグジュアリーなカテゴリーに分類される眼鏡の中でも、ファッション性とのリンクという点を含めて完成度の高いブランドを挙げるとすれば、ディータとトムブラウンは外せないブランドです。

 

トムブラウンはそもそもハイファッションブランドですが、ディータはアイウェア専門ブランドでありながら、ハイファッション系のブランドと一緒に並べても見劣りすることがありません。両ブランドとも高いファッション性を持ちながら、製品クオリティも極めて高いという、まるでスアレスとカバーニのツートップ的な破壊力があります。

 

なぜこの2ブランドがいつも同じタイミングでイベントを開催するかというと、トムブラウンがディータのアイウェアのクオリティの高さに惚れ込み、生産を依頼したところからトムブラウンアイウェアがスタートしたという経緯があり、ディータがトムブラウンアイウェアの生産管理をしています。その流れのなかでこの2ブランドは“ニコイチ”な関係にあるのです。

 

そんなわけでイベント到着予定の2018年SSモデルをはじめ、人気モデルの一部をいくつかご紹介しましょう。

 

 

 

【DITA】

 

 

2018072502

 

2018072503

BUCKEYE ¥51,840(税込)  CLIP ¥21,060(税込)

極薄の3mm生地をフロントに使用した非常に軽量で掛け心地の良いロングセラーモデルです。シーンを選ばずに使用できるウェリントンは使い勝手も大変よく、スタンダードアイテムとして好評です。クリップ対応も嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

2018072504

 

2018072505

ASH ¥51,840(税込)

こちらもBUCKEYE同様極薄フロント生地を使用したモデルですが、このモデルは2サイズ展開になりますのでより多くの方に対応が可能です。癖のないボストン型で、とくに写真のマットグレーは大変人気があります。こちらもクリップ対応。

 

 

 

 

 

 

2018072506

SCHEMA-ONE ¥86,400(税込)

板状のチタンフロントを細かい曲げ加工で立体感を出した最新モデルです。レンズ部分はアセテートのコンビネーションになっており、緊張感のあるスクエアシェイプでありながら嫌味を感じさせません。丸みのあるレンズシェイプが多い中、横長バランスのスクエアは逆に新鮮です。

 

 

 

 

 

 

2018072507

AVEC ¥51,840(税込)

バランスの良いウェリントンですが、そのままでは面白くありません。サイドにスリットを入れることで目元に絶妙な抜け感を生み出しています。実は構造的に非常に精度の高いパーツの組み合わせ技術が求められるモデルで、日本製のアドバンテージが生きているモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

【THOM BROWNE】

 

 

2018072508

TBS908 ¥69,120(税込)

トムブラウンの歴代人気モデルの流れを汲むボストン型のコンビネーションサングラスです。メタルパーツには柔軟性の高いチタンを採用し掛け心地もよく、またフラットレンズによってモード性の高い表情となっています。

 

 

 

 

 

 

2018072509

TBX410

なぜ今までなかったのか?というくらいベーシックなウェリントンですが、モード性の強いトムブラウンはともすればお洒落すぎるという方も。オンオフ問わず汎用性の高いトムブラウンはとても重宝するでしょう。

 

 

 

 

 

 

2018072510

TBX414 ¥57,240(税込)

トムブラウンならではの攻めたモデルです。ヴィンテージのようでフューチャリスティックでもあります。誰もがチャレンジできるメガネとは言えませんが、独自のお洒落を楽しみたい方にオススメします。

 

 

 

 

 

 

2018072511

TBX909 ¥62,640(税込)

アイコンであるトリコロールチップを両端に施し、極細のメタルワイヤーで繋いだ技巧的なダブルブリッジモデルです。サイズは小さめなので、女性が掛けても収まるモデルです。様々なブランドからスクエアシェイプが提案されており、高感度なブランドほどその傾向が強いですね。

 

 

以上一部ではありますがイベントモデルのご紹介でした。国内屈指の日本の工場で作られた最高峰の感度を誇るアメリカンアイウェアをお楽しみください。

 

 

 

(プレス 漆畑)

 

 

<Instagram>

decora_kobe

decora_tokyo

 

< facebook  >

decora

 

< twitter >

@glasses_decora

GLASSES CO.,LTD. All Rights Reserved. KYOTO 075-708-2189 KOBE 06-4395-5709 GLASSES Instagram Page GLASSES Instagram Page GLASSES Facebook Page GLASSES Twitter Page