decora

こだわっているメガネあれこれ

 | CATEGORY:  BLOG

 13

December.

2017.

こんにちは。プレスの漆畑です。

 

毎年デコラでは年末にタブロイドやブックカタログを作っているのですが、2017-2018版の新作をピックアップしブランドごとの傾向をまとめた最新ブックカタログが店頭に並びました。

 

 

2017121301

 

 

なかなかのボリュームで情報量も多いのでフリーブックとしてはお徳な内容となっています。

 

その中でさまざまな新作フレームを紹介しているわけですが、店舗に届いている新作を中心にいくつかピックアップしてこだわりのメガネをご紹介してみたいと思います。

 

 

 

 

2017121302

YUICHI TOYAMA

Sarah ¥41,040(税込)

 

パッとみた瞬間とても不思議な感じがしませんでしょうか?プラスチックの中にメガネが埋まっているのです。一枚のシート状のメタルフレームをクリア感のあるプラスチックでサンドすることでなんとも言えない質感になっています。いままで見たことがない冷たく柔らかい質感です。

 

 

 

 

2017121303

propo

PHIL ¥34,560(税込)

 

クラシックなトレンドに対してプロポは一定の距離を置きながら絶妙なバランス感覚を発揮しています。ビンテージに見られるような高い位置にあるブリッジはそれと感じさせないモードな雰囲気で配置されています。一見シンプルに見えますがフォルムや線の細さなど度重なる推敲の挙句に導き出されたのではないでしょうか。

 

 

 

 

2017121304

2017121305

AHLEM

Place Branche ¥51,840(税込)

 

オリジナリティのあるものを作ろうという意気込みが感じられるディテールに溢れています。チタン製のパットにはフリーハンド感のある幾何学模様。デザイナーのオリジナルパターンです。ブリッジのアーチも美しいです。また縦長なスクエアがとてもクールですね。これらはすべてフランス製です。はっきりいって金属加工の製品的なクオリティは日本が上をいっていますが、フランスやイギリスメイドにあるなんとも言えない手作り感をデザイナーは大事にしているのでしょう。

 

 

 

 

2017121306

CLAYTON FLANKLIN

CF627 ¥34,560(税込)

 

とてもクラシカルな佇まいですが、チタンの板材をプレスと抜き加工で作っている現代製法によるものです。昔ながらのロー付け製法では出せないフラットな表情が顔にハリを与えるかもしれませんね。

 

 

 

 

2017121307

YELLOWS PLUS

CLEMAN ¥36,720(税込)

 

今シーズンのイエローズプラスは少し難度の高いモデルが多いかもしれません。いやむしろスタンダードの立ち位置をヨーロッパに置いたと言った方がいいのかも。ストレートなブリッジやダブルブリッジは日本では苦手な方が多く、おじさんイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ヨーロッパでは女性も驚くほど掛けているスタイルです。このモデルのように細いメタルとコンビネーションになっていればよりチャレンジしやすいかと思います。抜群のバランスで仕上がっていますので気になるアイツと差別化するならぜひ。

 

 

 

 

2017121308

OG×OLIVER GOLDSMITH

Re:SHEPPERTON ¥39,960(税込)

 

オリバーゴールドスミスといえばオードリー・ヘップバーンやマイケル・ケインがリアル装用していたことでも有名ですが、こちらはオリバーゴールドスミスの名作を元にアップデートされた未来型OG。肉厚で無骨な雰囲気とクールさが同居したとてもモードなメガネです。ノーズパッドがゴールドという点も渋い。コルビジェが90年代に生まれていたらきっと今こんなモデルを選ぶのではないでしょうか?

 

 

 

 

2017121309

tomas maiyer

TM0028S ¥58,320(税込)
春夏に発表されたシートメタルと風防のコンビネーションです。黒のダブルブリッジにパープルのラバー風防という配色のセンスが光るニッチな逸品です。付属するグラスコードもエンドに刺して装着するオリジナル仕様。ギア的要素が満載なのに街で気軽に男女が掛けられるデザインに落とし込んでる点に巧さを感じます。

 

 

 

 

2017121310

2017121311

The Spectacle

A.O Full Frame ¥144,720(税込)

 

イベント開催中のスペクタクルよりこの一本をピックアップ。彫金華やかりし1930〜40年代、まったく彫金されていないモデルも存在しました。金張りメガネの光沢をプリムティブに楽しみたいというニッチな需要があったのか、シンプルイズベストなミニマリストが存在したのかは定かではありませんが、できるものをあえてしないというこだわりかたは現代にも通じるセンスですね。

 

 

 

 

2017121312

spec espace

ES1772  ¥43,200(税込)

 

セレクトショップではタブー視されていたインジェクションによるプラスチックフロントとチタンシートをコンビネーションさせるスペックエスパスの十八番シリーズの新作です。インジェクション枠も彩り豊かになりました。適材適所に使えば軽くて形態安定性にも優れるという利点も多い素材で、それを証明したモデルです。

 

 

 

 

2017121313

2017121314

ic!berlin

BISWIND ¥49,680(税込)

 

デビュー以来初となる新構造のヒンジに注目です。テコの原理を応用したシンプルな構造で、約3mmという極細のテンプル幅に違和感なく収まっています。開閉の動作もとてもスムーズで心地よいです。このようなミニマルな構造美はメガネのジャンルにおいてドイツをはじめ北欧系のブランドは先進していると言わざるをえません。

 

 

 

長くなりましたがこれでもほんの一例です。

 

新作良作てんこ盛りな12月。皆様のご来店をお待ちいたしております。

 

 

 

(プレス 漆畑)

 

 

<Instagram>

decora_kobe

decora_tokyo

 

< facebook  >

decora

 

< twitter >

@glasses_decora

GLASSES CO.,LTD. All Rights Reserved. KYOTO 075-708-2189 KOBE 06-4395-5709 GLASSES Instagram Page GLASSES Instagram Page GLASSES Facebook Page GLASSES Twitter Page