TOP > ブログ > 2013年10月

ブログ

2013年10月

2013年10月27日『YELLOWS PLUS 2013 Autumn & Winter"Graceful & Cool" Collection Exhibition』

こんにちは。デコラ大阪の小林です。

今回は『YELLOWS PLUS』の素敵な新作達が一足先に店頭にてオーダーいただける機会をご案内します。

 

11月11日(月)~17日(日)までの期間、デコラ大阪にて『YELLOWS PLUS 2013 Autumn & Winter“Graceful & Cool” Collection Exhibition』と題しまして2013年秋冬新作コレクション受注会を開催致します。

 2013102701.jpg

9月のパリでの「Silmo」、チューリッヒでの「HALL of FRAMES」、東京など世界各国での展示会で発表され、海外の感度の高い眼鏡店からも高評価を得ているYELLOWS PLUSの新作が、一足先にオーダーいただけます。

 

今回のコレクションコンセプトは、Graceful & Cool(しとやかで美しく、端正)

フォルムの無駄を極限まで省き落とし、シンプルであるからこそ現れるしとやかな美しさと、小細工を利かす事なくフォルム全体で魅せる潔いコレクション。

デザイナー山岸氏のこだわる色褪せることのない“美しいかたち”を存分に感じていただけるコレクションになっています。

2013102702.jpg

LEIGH - 1W / ¥34,650

 

2013102703.jpg

ERIC - 307 / ¥29,400

 

本フェアでは2013年の秋冬新作はもちろん、普段見ることができない鼈甲コレクションのサンプルもご用意しております。世界に誇るドメスティックブランドの最高峰をぜひご堪能ください。

 

また、現在店頭では山岸氏に加え、神戸店で受注会が開催されるBARTON PERREIRAのデザイナーのパティのインタビューや、その他新ブランド、新作情報などが掲載されたタブロイドを配布しております。数に限りがございますのでお早めに!

2013102704.jpg

 

(decora OSAKA店長 小林)

 

日時: 2013年10月27日 16:52 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年10月23日ナイスコンビ!

こんにちは。デコラ東京の岡部です。

つい最近までTシャツで街を歩く人の姿をよく見かけましたが、最近は暑さも何処へやら朝夕涼しくなってきましたね。体調管理には気を付けたい今日この頃です。

この季節に都内各所で行われる展示会へ先日行ってまいりました。かれこれ何年も足を運んでいる展示会ですが、何度行っても飽きがこない。毎年期待に胸が膨らみます。

今年の展示会では「上品トラッド」や「コンビネーション」が鍵となるデザインが昨年よりも勢いづいたなという印象があります。

“小振り”、“線細め”などはもちろんのことですが、セルのウエリントンやフォックス系は以前よりエッジを抑えてシェイプに幾分か丸みを持たせるデザインが多く見られました。ボストン、ラウンド系も次のステージへ。欧州の上品な雰囲気漂う“クラウンパント”系のデザインが増えています。単にトラッドではなく、大人なトラッドとはいかなるものかを表現するのに情熱を注ぐ各ブランドの意気込みが伝わってきます。簡単に表現すると、

 

「私たちのトラッドはこうなのよ!!」

 

というよりも、

 

「私たちのトラッドはこちらでございます。ムッシュ。」

 

といった印象です。

・・・。ホラ、着地に失敗しました。。。たまにこういうこと書くとこうなっちゃうんですよ。。。


今期は“コンビネーション”枠も多いなと感じました。ハーフ&ハーフな素材バランスはセル、メタルどちらを利用中の方でもすんなり移行できます。メタルのフロントにテンプルがセルのモデルには重量バランスの良いモデルも多いですよ。

ナイスコンビな新作をいくつがご覧下さい。

<H-fusion>

20102301.jpg



<BEAUSOLEIL>

20102302.jpg



サングラスもコンビネーションです。

<YELLOWS PLUS>

20102303.jpg


<BARTON PERREIRA>

20102304.jpg


カラーコンビ物もあります。

<YELLOWS PLUS>

20102305.jpg


<BARTON PEREIRA>

20102306.jpg


なかなかのナイスコンビでしょ?アート系ブランドの次ステージもなかなかのものでした。
今までのブランドのイメージに変化をもたらすアイデアが光ります。私の中では「脱皮」の様な感覚でした。


<theo>

20102307.jpg

雑誌等をご覧の方は「Factory900」とのコラボモデルに目を引かれるかと思いますが、私はこちらに注目です。平面的で「パキッ!」としたイメージの強いテオですが、このような「トゥルン。」とした造形の新型。柔らかなデザインながらもテオらしさはしっかり持っている。


<ANNE & VALENTIN>

20102308.jpg
女性からの支持も厚いアン・バレンタインもシルバー、ゴールドを基調としたクラシックコレクション。
右はクラウンパント、左は台形のシェイプです。メタルのコレクションもセル同様に発色の良いカラーの多いブランドですが、真逆に近い “どクラシック” なカラー展開。

でも掛けてみると、

20102309.jpg
間違いなくアン・バレンタインなんですよねー。

こういったベテランのブランドが現状に甘んじることなく試みる新しい表現、既存の型を打ち破って更なる進化を求める姿勢には感服です。こういう意識はブランドだけでなく、私達のようなショップに立つ側も持つことが必要であることも再確認できました。

こういった発見があるから買い付けはやめられないんですよ。。。

今回訪れた会場の皆さんに感謝です。楽しませていただきました。また来年も楽しみにしています!


※今回掲載のモデルは全て東京店に入荷予定です。気になるモデルは何なりとご質問下さい。


(decora TOKYO店長 岡部) 

日時: 2013年10月23日 12:00 | コメント(0) | トラックバック(0)
CATEGORY
RECENT ENTRY
ARCHIVE
ページトップへ戻る