TOP > ブログ > 2013年2月

ブログ

2013年2月

2013年2月27日新作、新色が続々入荷中です。

こんにちは。デコラ東京の岡部です。

春が待ち遠しいこの季節いかがお過ごしでしょうか。私は寒さが苦手で毎朝ベッドから抜け出すのがおっくうになってしまいます。
そんなことはさておき、デコラには今も新作、新色が目白押しです。


2013022701.jpg
YELLOWS PLUS  /  NINA-234(上)、443(下)  ¥24,150

女性に人気「NINA」の新色が届きました。234番カラーは昨年秋発表になったイエローズプラス初お目見えのカラーです。茶のツートンが実に美しい。443番カラーは定番色ですが、こちらも女性に定評アリのカラーです。つい最近も女性ユーザー様に別モデルのこのカラーをご購入いただきました。

2013022702.jpg
theo  /  OCEAN-737(左)、764(右) ¥53,140

待っていた theo のこちらのモデルもようやく入荷しました。フロントのデザインは裏側からプレス加工を行って 立体感を出していますのでボリュームの割には意外と軽いです。こういった加工を見ると海外のチタン加工技術の進歩がうかがえて心躍りますね。

2013022703.jpg
2013022704.jpg2013022705.jpg

AKITTO  /  lev-731(上)、pol-AW5(下) 各¥47,250

こちらは再入荷になりますが、昨年秋デビューのAKITTOも届いています。若干フォックスなシェイプですが柔らかい色使いで落ち着いた印象に抑えるところは海外ブランドでのデザイン経験を持つ川上氏ならではです。テンプルデザインもひと手間を惜しみません。Polのテンプルは穴の開いた箇所ひとつひとつに手作業で樹脂を埋めてゆきます。

これからも商品が続々入荷します。休日に、会社帰りにチラッと店舗へ足を運んでみてください。

余談にはなりますが、丸の内でのランチやディナーにはお隣のビル「iiyo!! (イーヨ!!)」が良いですよ(シャレみたいになってしまいました。オハズカシイ)。よくランチに足を運ぶのですがコストパフォーマンス高しです!

(decora TOKYO店長 岡部)

日時: 2013年2月27日 12:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年2月13日LINDBERG FAIR 再び

こんにちは。デコラ神戸の漆畑です。

いきなりですがリンドバーグファンの方に朗報です。

昨年秋から年末にかけてデコラ各店でブランドフェアを開催しました。東京でリンドバーグとテオ、大阪でテオ、神戸でルノア、と魅力あふれるインポートブランドのご紹介となったのですが、その中で東京のみの開催であったリンドバーグフェアに関して、関西のお客様より開催のリクエストを多くいただきました。

そこで関西でも急遽リンドバーグフェアを開催する運びとなりました。大阪、神戸2ヶ所にて以下の日程で開催いたします。

3/1(金)〜3/4 (月)デコラ大阪
3/7(木)〜3/10 (日)デコラ神戸

短い期間ですが、ファンの方はお見逃しなく。
20130213 lindberg fair.jpg

リンドバーグをご存知ない方へ簡単にプロフィールを。

リンドバーグは独創的な機能と素晴らしい掛け心地を特徴としたデンマークのデザイン会社です。最新テクノロジーによって生み出されるフレームは、あらゆる余分なものを省いた結果、信じられないほど軽く柔軟です。優れたミニマルデザインは国際的に評価されアイウェア展示会での受賞歴は数えればキリがありません。デンマーク王室御用達ブランドとしても知られ、世界各地の一流眼鏡店でセレクトされるスカンジナビアンデザインの最高峰ブランドです。

シリーズによってはレンズシェイプやテンプルのカタチ、色、サイズそれぞれをお好みのものにカスタムできるというのも一つの特徴です。しかしその選択肢がたくさんありすぎて短い時間で決めるのは至難の技です。

また実際にあるカラーや形は普段の店頭在庫では充分にご紹介もできません。なので通常は結果的に私たちがチョイスした組み合わせからお選びいただくことがほとんどなのです。

しかし本フェア当日は普段ご紹介できないサンプル品を約300点揃えてお待ちしております。オーダーメイドならではのラインナップとなっていますので心ゆくまで組み合わせをお楽しみください。

※受注会となりますのでお渡しまで1ヶ月以上お時間をいただくものもございます。予めご了承ください。商品価格¥39,000~

(了)

(decora KOBE店長 漆畑) 

日時: 2013年2月13日 12:00 | コメント(0) | トラックバック(0)
CATEGORY
RECENT ENTRY
ARCHIVE
ページトップへ戻る