TOP > ブログ > 2013年1月

ブログ

2013年1月

2013年1月30日ドイツ眼鏡

こんにちはデコラ大阪の小林です。

 

突然ですが私はドイツ眼鏡が好きです!

もちろんドイツに限らず眼鏡は好きなのですが、自分の眼鏡コレクションを改めて見てみると6割近くがドイツ眼鏡でした。

 

細部へのこだわりであったり、玉型のバランスであったり、インダストリアルなミニマリズムであったり、人目を惹くこれ見よがしな派手さは決してないのですが眺めているとジワ〜と味わいがあって愛着がわいてくるんですよね。

 

さて、そんな私の大好きなドイツ眼鏡のラインナップに新たに加わったブランドを紹介します。昨年末からデコラ全店で取扱いがスタートした『MARKUS T(マルクスティー)』というブランドです。

2013013101.jpg

どんなブランドかといいますと、スタートは1999年。

デザイナーのマーカス・テミングによって生み出された眼鏡は、良質なチタンや軽くてしなやかな独自開発されたTMiと呼ばれる合成樹脂など厳選された素材を使用し、軽量でストレスが少なく、スタイリッシュで機能的なアイウェアとなっています。

そして100%ドイツでハンドメイド生産されています。そのデザインと機能性は高く評価され創業以来国内外で30以上のデザインアワードを受賞しているブランドです。

 

一見するとメンズライクな印象ですが、この軽さとストレスの少なさ、無駄のないデザインは女性も虜になること間違い無しです。淀屋橋でも女性の方々にご好評いただいています。

2013013102.jpg

ぜひ店頭にて『MARKUS T』のこだわりに触れてみて下さい。


(decora OSAKA店長 小林) 

日時: 2013年1月30日 16:20 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年1月14日シャンパンを手に

こんにちは。デコラ東京の岡部です。
昨年は多くの方にご来店いただき感謝の1年で締めくくることができました。本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

20130116-1.jpg
こちらは夜の丸の内仲通りです。夜までは人通りが多いので閉店後に一枚撮ってみました。2月17日(日)まで101万球のLEDで飾られています。実はこのLED、丸の内オリジナル“シャンパンゴールド”カラーのLEDなのです。とってもゴージャス。おそるべし丸の内。
時期的には冷え込み厳しい今位が一番キレイな季節だったりもします。少し寒いですが夕方以降はなかなか良い雰囲気です。皆様も一度歩いてみてはいかがでしょう。

本日は大人な魅力を感じさせるゴールド系のカラーについてです。
国内外のブランド共にカラーバリエーションに“ゴールド”が設定されているモデルは少ないのですが、そのぶん各ブランドの“華やかさ”、“大人の色気”を感じさせるモデルは多いと思います。
一昔前はゴールドというとイエロー系のゴールドで“派手”だったり、人によっては“いやらしさ”を感じる方も多かったと思います。近年はシャンパン系のゴールドが主流になり、インパクトよりも肌に馴染む自然で上品な色合いのモデルが多数あります。私が仕入れの際にゴールド系のモデルをセレクトするポイントは“上品さ”です。


20130116-2.jpg
theo / burt  ¥38,850

モダンアートと聞くと発色の良さやユニークなデザインを連想される方も多いと思います。こちらのモデルは実にシンプルながらもブランド色はしっかり持っている名作です。残念ながら現在は生産が終了し、レア度がアップしているモデルです。

20130116-3.jpg
MYKITA / DAMIEN ¥44,100
新素材の開発やファッションブランドとのコラボにも熱心なマイキータのこちらはスタンダードな1本です。ゴールドは女性ユーザー向けと思われている方は多いかと思いますが、こちらは男性向けにセレクトしました。硬い印象になりがちなビジネスユーザーの皆様に上品な柔らかさをプラスします。

20130116-4.jpg
ic! berlin / kanetsugu.n ¥42,000

お馴染みシートメタルのパイオニア的存在のアイシーベルリンにもあります。こちらは女性向けにセレクトしています。バタフライのレンズシェイプは派手に思われがちですが、繊細なデザインに落とし込むと上品に仕上がります。お手本のようなモデルですね。また、初期のアイシーをご存知の方はどこかしら懐かしさを覚えるモデルかもしれません。

20130116-5.jpg
LINDBERG / SPIRIT TITANIUM  ¥52,000
北欧ならではのミニマルなデザイン、軽やかな掛け心地ででファンを魅了するリンドバーグのこちらはイエロー系のゴールドですが、ここまでミニマルになると派手さは感じません。昨年、東京店で行われたリンドバーグフェアでも人気の高かったカラーです。


最近はアンティーク系のゴールドは定着してきましたが、シャンパン系のゴールドは少数派です。周りの方からの印象も分かりやすく眼鏡を大人に掛けこなすにはもってこいのカラーだと思います。今年はシャンパンを手に大人な魅力を演出してみてはいかがでしょうか。

 

(decora TOKYO店長 岡部)

日時: 2013年1月14日 14:51 | コメント(0) | トラックバック(0)
CATEGORY
RECENT ENTRY
ARCHIVE
ページトップへ戻る